腰痛の改善方法は、何が原因かによって治療方法が変化する

腰痛

腰痛の原因と改善方法

腰痛の原因の8割は「原因不明」

腰痛に悩む老人

腰痛とは、腰の筋肉が硬直し血行不良によって発生する痛みです。しかし、なぜ筋肉が硬直するのかという明確な理由は、実は不明です。腰痛の8割はレントゲンなどでチェックしても原因が不明であり、残り2割は椎間板ヘルニアなどの腰付近の神経が原因であるものです。よって、原因の特定は非常に難しく、治療方法を特定するのは難しいです。
また、その腰の筋肉の硬直は腰以外の部位が影響していることもあります。例えば、内臓や姿勢が悪かったり、もしくは他の神経のダメージに連動して腰痛が発生したりすることもあります。

病院で行なわれる腰痛検査の流れ

問診・身体検査

まずは患者の身体的な特徴を調べる検査から始めます。体重、身長、体脂肪率を測定した上で日常習慣や食生活の問診があります。腰痛の原因となることは肥満や生活習慣の乱れが影響していることもありますし、業務上で腰に負担をかけていることも可能性に挙げられます。痛みを発症した時期やレベルなど、医師へ詳しく伝えて原因を特定できるようにしておきましょう。

画像(MRI・CT)検査

見た目では判断できない腰痛は、MRIやCT、レントゲンの検査で可視化できる検査が行なわれます。基本的に画像検査は、身体検査の結果によって変わります。(例えば、神経や筋肉が原因と考えられる場合はMRI検査が有効)。また、病院ごとの設備によって受けられる画像検査に違いがあるので注意しましょう。

生理学的検査

内臓の疾患が原因で腰痛を引き起こしている疑いがある場合、生理学的検査を実施することもあります。一番多いのは、超音波を使用したエコー検査であり、尿管結石・腎盂腎炎・子宮内膜症によって引き起こされる腰痛の早期発見に役立つでしょう。検査項目としては必須ではなく、必要に応じて行なわれるものです。

きっかけで原因を特定できる場合がある

原因不明と言われている腰痛ですが、実は腰痛を発症したきっかけが分かっていれば原因が特定できる可能性があります。特に慢性的な腰痛がほとんど見られない場合、痛みを起こす原因が分かりやすいので改善方法が見つかりやすいです。ここで、腰痛をどのような時に発症したのか、口コミで見ることにしましょう。

腰痛を発症したタイミングの口コミ

急に重いものを上げて腰の筋肉をやってしまいました

学生時代、筋トレの際にいっちょ最高記録を更新してやろうと今までよりも10キロ重いバーベルでデッドリフトを行なおうとしました。その時力を込めて勢い良くグイッと持ち上げた瞬間に腰に「ゴリッ」っといった感触が。思わず叫び声を上げるような痛みが走り、結局新記録どころかしばらく筋トレすらできませんでした。腰の筋肉の捻挫が原因のようで、暫く走るどころか歩くのも辛い毎日で、治療とリハビリが長引いた苦い思い出があります。

恐怖!椎間板ヘルニアの思い出

アメフト部だったのでいろいろな怪我をしたのですが、中でも一番辛かったのが椎間板ヘルニアです。叫びたくなるような痛みが絶え間なく続き、痛みで汗がにじみ出るほどの地獄でした。おまけに復帰に半年以上の期間がかかってしまい、引退後も再発に怯えてコルセットを巻きながら生活しています。椎間板ヘルニアが怖いのであれば、普段から姿勢を正しくすることを意識しておくといいみたいですよ。

どんな人でも腰痛を発症する可能性がある

腰痛は加齢で起こる老化で引き起こされるものだと思われていますが、口コミを見る通り若い人でも突発的に発症する可能性があります。また、普段の生活習慣や食生活などによって、慢性的な腰痛を起こしやすいタイプもいるので、他人事とは言えないものでしょう。痛みまでいかなくても、腰に違和感が出た時点で早期対策と改善方法を探して対処することが大切です。

腰痛の予防・改善に役立つ情報

原因を知って腰痛を予防

相談

腰痛の多くの場合、筋肉が影響している可能性があります。これは腰痛が起こる前に筋肉を強化することで予防することができるので、試してみるといいでしょう。また、筋肉以外で発症する腰痛もあるので、それぞれに合わせた改善方法を探すことも非常に大切です。

READ MORE

鍼治療による腰痛対策

鍼治療

腰痛の改善方法でも人気がある鍼治療は、血行改善を行なうことで内臓疾患や筋肉の疲労を改善することができます。実際に改善効果が見られる人も多い方法ですが、どんな腰痛にも効くわけではありません。鍼治療を受ける前には医師の診断を仰いだ上で安全に受けることがおすすめです。

READ MORE